English

ご挨拶

未来型医療創成センター

センター長 八重樫 伸生

未来型医療創成センター センター長 八重樫 伸生

東北大学が進める未来型医療創成を担う

東北大学は個人に適した精密な医療と予防を築き上げようとしており、その中心となる組織が未来型医療創成センターです。当センター設立にあたり尽力された山本雅之先生の後任として2021年4月よりセンター長を拝命しました。『遺伝要因、環境要因及び疾病の関係性の解明に関する世界最高水準の研究とその成果の臨床実装並びに教育を行う』というミッションを継続し、個別化医療・予防を実現のための研究基盤を充実させ社会への成果還元を加速します。

東北大学は2017年、日本で最初の3つの指定国立大学の一つに指定されました。指定国立大学が標榜する創造と変革を先導する世界的な研究拠点として「未来型医療拠点」を形成し、中心的役割を担う組織として未来型医療創成センターが設立しました。当センターでは、医学系研究科や東北大学病院、歯学研究科、薬学研究科、工学研究科、情報科学研究科、生命科学研究科、医工学研究科、加齢医学研究所そして東北メディカル・メガバンク機構の10部局が連携し、東北大学の英知と総力を結集する体制を作り上げました。

個々人のゲノム情報に基づく未来型健診をもとに個別の医療・予防を実現し、その人に合った予防のための健康メニューを提供できる社会を目指します。そのためには多くのデータを集めることが必要です。東北大学では、東北メディカル・メガバンク機構が15万人超の健常な方のサンプルやデータを集積して「バイオバンク」を構築しています。このバイオバンクを大学病院の患者さんの協力を得て拡充・発展させ世界最先端の解析を行うことで、個別化医療・予防を実現します。

東北大学が開学以来100余年にわたり蓄積した伝統と多くの分野にまたがる研究力を総合し、世界をリードする拠点形成に努めてまいります。多くの皆様のご支援・ご指導とともにご参画を心よりお願い申し上げます。

2021年4月