English

ご挨拶

未来型医療創成センター

センター長 山本 雅之

未来型医療創成センター センター長 山本 雅之

未来型医療創成センターの設立にあたって

皆さんは未来の医療ときいて、どんなことを思い浮かべるでしょうか。全自動でコンピュータ制御された医療、最先端テクノロジーを活用した大型機械にアシストされた侵襲性の低い医療、さまざまなイメージがあると思います。そのような中で、東北大学が今、築き上げようとしているのは、多くの情報を高度に活用した、個人に適した精密な医療と予防です。私たちはその実現のために多くの力と長い期間を費やしてきましたが、今、それを世界に向けて示そうとしています。

東北大学は2017年6月に、日本で最初の3校の一つとして指定国立大学に指定されました。その指定国立大学が標榜する創造と変革を先導する世界的な研究拠点として、「未来型医療拠点」を形成し、その中心的な役割を担う組織として未来型医療創成センターを設立しました。東北大学病院、医学系研究科、加齢医学研究所、歯学研究科、薬学研究科、情報科学研究科、医工学研究科、そして東北メディカル・メガバンク機構の8つの部局が協力して、遺伝要因、環境要因及び疾病の関係性の解明に関する世界最高水準の研究とその成果の臨床実装並びに教育を行うべく、総力を結集する体制を作り上げました。

東北大学が開学以来100余年にわたって蓄積してきた伝統と多くの分野にまたがる研究の力を総合し、世界をリードする拠点形成に努めてまいります。多くの皆様のご支援、ご指導、そして、ご参画を心よりお願い申し上げます。

2018年3月